「腹筋を割るための食事方法」という動画が非常に参考になりました

胴囲測定 食事/筋トレ
スポンサーリンク

こんにちは、トモヒロです。

今回は、こちらの動画が非常に参考になったので、その情報をシェアシたいと思います。

脂肪を落とす食事方法

食事制限しかない

腹筋を割るための方法として、
お腹痩せダイエット
部分痩せダイエット
サプリで痩せる
着れば痩せる
という情報が多く出回っており、これらを試している方は多いと思います。
しかし、これらを実施してもお腹が引き締まったり、痩せたりすることは殆どないそうです。
では、お腹周りの脂肪を落としたり、腹筋を割るためには、どうすればいいか。
それは、食事制限を根気よく続けていくしかないと言っています。

そもそも、お腹周りだけとか身体の一部分の脂肪を落とすというのはほぼ無理で、脂肪は全身均一に少しづつ落ちていきます。
食事制限を続け、体脂肪が落ちていくと自然とお腹周りの脂肪も落ち、脂肪に隠れていた腹筋が出て来るそうです。

では、どれくらいになったら腹筋が見えてくるのでしょうか。
体脂肪の目安としては、
男性…15~18%
女性…17~19%
で、腹筋がうっすらと見えてくる状態になるそうです。
ただし、あくまで目安なので、体脂肪率がこの範囲になっても筋肉量と脂肪量のバランスによっては腹筋が見えてこないこともあります。
ですので、体脂肪ばかりに気にするのではなく、筋肉量と体脂肪率のバランスを考えることが重要とも言っています。

人間の構造上、誰しもが腹筋を持ち元々割れているため、脂肪を落とせば必ず腹筋が割れて見えてくるそうです。
そうならないのは、腹筋の上にまだまだ脂肪が沢山載っている状態であるからです。
ここから具体的な食事制限の方法を紹介していきます。

タンパク質摂取が重要

一番意識しないといけないのは、タンパク質を摂取するということ。
タンパク質というのは、とても重要な栄養素です。
筋肉を維持していくのに必要で、これを摂取しないと筋肉がなくなっていき、基礎代謝が落ちてしまい痩せにくい身体になってしまいます。
1日のタンパク質の摂取量は、体重に対し1~1.5gがいいと言われています。
60kgの方なら60~90g
80kgの方なら80~120g
90kgの方なら90~135g
目安ですがタンパク質は、100gの肉に対し20g含まれています。
肉以外にも、魚、卵、大豆製品、乳製品に多く含まれています。
これらを組み合わあせて、自身の体重に合った量のタンパク質を摂取するようにしてください。

次に炭水化物について

糖質制限ダイエットが流行っていますが、これは危険でありダイエットをする上で失敗の原因になるので、炭水化物を極端に抜かないでください。
炭水化物を抜くと、最初は体重がストンと落ちますが、身体にエネルギーが入ってこなくなるため基礎代謝が落ち、痩せづらくなります。
具体的な炭水化物の摂取量は、男か女か、年齢、一日の動く量により変わってくるので一概には言えないですが、大体一食に付きおにぎり1~2個分くらいは食べても大丈夫だそうです。
ただし、できたら朝>昼>夜と段々と少なくしていくのがいいです。夜だとエネルギーを使い切る前に睡眠に入り脂肪に変わりやすいからです。

最後に脂質について

脂質は意識して減らすようにしてください。
タンパク質と炭水化物はしっかり撮り、脂質を少なくするダイエットが一番効率的と言っています。
一番危ないのは、炭水化物と脂質を一緒に摂ることです。確実に太ります。
ポテトチップスやケーキなどには注意しましょう。

外食・間食・食事全般について

仕事上外食が多くなってしまうこともあるでしょう。
そのときも脂質の多い揚げ物を選ばずに、魚や和食などなるべくヘルシーなものを選びましょう。
コンビニの場合は、商品を選ぶ際は成分表をしっかり見る癖をつけましょう。

どうしてもお腹が空いてしまった場合の間食は、甘いお菓子を食べるのではなく、タンパク質を多く含んだ食べ物(プロテイン、サラダチキン、ゆで卵など)にするとよい。
タンパク質を多く含んだものを食べると血糖値が上がることがないのでダイエットに効果的と言われています。0カロリーのものも有効活用しましょう。

飲み会がある場合は、前日や翌日の食事量を減らすようにしましょう。

毎食、腹八分目に抑えるようにしましょう。
そうすることで、胃が小さくなり、食べる量も少なくなっていきます。

まとめ

  • 脂肪を落とせば必ず腹筋は割れて見えてくる
  • そのために食事制限を根気よく続けていく
  • タンパク質を意識的に摂る(体重に対し1~1.5g)
  • 炭水化物を極端に抜かない
  • 脂質の量は意識して減らす
  • 夜ご飯は少なくする
  • 腹八分目を心がける

いかがでしたでしょうか。私は非常に参考になりました。
今回学んだことを意識してダイエットを行っていきたいと思います。
他にも参考になりそうな動画を上げていらっしゃいましたので、youtubeのchページのリンクを貼っておきます。

かいと【筋肉日記】

皆さん目標に向けてダイエット頑張っていきましょう!

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました