人気なアイドル楽曲が分かる?アイドル楽曲大賞を紹介

アイドルのライブ アイドル/音楽
スポンサーリンク

アイドル楽曲大賞

こんにちは、トモヒロです。
本日はアイドルネタの投稿になります。

皆さんは、アイドル楽曲大賞をご存じでしょうか。
毎年年末に、女性アイドルが発表したこの1年間の楽曲を、個人のアイドルファンのweb投票によって決めるという催しです。
レコード会社、アイドル事務所とは一切関係のないファン有志主催のイベントで、昨年までですでに7回開催されています。
部門ごとに分かれており、以下昨年の結果と合わせてご紹介いたします。

第7回アイドル楽曲大賞2018年各賞発表

メジャーアイドル楽曲部門

…日本レコード協会加盟の大手レコード会社所属アイドルのシングルが対象

1位 New Stranger / sora tob sakana

sora tob sakana/New Stranger(Full)

2位 夜明けBrand New Days (farewell and beginning) / ベイビーレイズJAPAN

ベイビーレイズJAPAN「夜明けBrand New Days(farewell and beginning)」【MV】

3位 Lighthouse / sora tob sakana

4位 自由へ道連れ / 私立恵比寿中学

5位 暗闇 / STU48

6位 メロンソーダ / 夢みるアドレセンス

7位 kissはあげない / 東京女子流

8位 シンクロニシティ / 乃木坂46

9位 Lightpool / sora tob sakana

10位 タピオカミルクティー / わーすた

 

インディーズ/地方アイドル楽曲部門

…上記以外インディーズレーベル、自主レーベルで発表されたシングルが対象

1位 ライブ・ライフ / フィロソフィーのダンス

フィロソフィーのダンス/ライブ・ライフ

2位 リンドバーグ / 桜エビ~ず

桜エビ〜ず「リンドバーグ」MV

3位 イッツ・マイ・ターン / フィロソフィーのダンス

4位 キミなんだから / Task have Fun

5位 チャプチャパ / 26時のマスカレイド

6位 Jubilee / amiinA

amiinA『Jubilee』MV

7位 灼熱とアイスクリーム / 桜エビ~ず

8位 blue moon. / tipToe.

tipToe. – blue moon. Music Video

9位 ダンス・ファウンダー (リ・ボーカル & シングル・ミックス) / フィロソフィーのダンス

10位 黄昏のダイアリー / RYUTist

アルバム部門

…メジャー、インディーすべてのアルバムが対象

1位 『alight ep』 sora tob sakana

2位 『WORLD’S END』 lyrical school

3位 『magic hour』 tipToe.

4位 『きみわずらい』 まねきケチャ

まねきケチャ『きみわずらい』Music Video

5位 『アイドルネッサンス』 アイドルネッサンス

6位 『MY COLOR』 Negicco

7位 『yume』 Maison book girl

Maison book girl / 狭い物語 / MV

8位 『走り出す瞬間』 けやき坂46

9位 『Do me a favor』 鈴木愛理

10位 『 』 ・・・・・・・・・

・・・・・・・・・/「ねぇ」
推しし箱部門

メジャー、インディーすべてのアイドルが対象で、推しているソロ/グル―プを選ぶ

1位 私立恵比寿中学

2位 sora tob sakana

2位 フィロソフィーのダンス

4位 Negicco

5位 Task have Fun

6位 乃木坂46

7位 東京女子流

7位 アリエルプロジェクト

7位 lyrical school

10位 アイドルネッサンス

アイドルと楽曲

アイドルが成功するには、見た目が重要であり、楽曲は二の次のどうでもいいものだと考えている方も多くいるでしょう。
私はアイドルが成功するには、楽曲こそが非常に大事だと思っています。
特にインディーズアイドルはライブが中心であるため、見た目が良くても楽曲がよくなければ、最初のうちは人気があっても徐々に飽きられてしまいます。そもそもこのような催しが行われ、昨年の第7回では1487人もの投票があったのはどうしてなのでしょうか。
それは、アイドルを見た目ではなく、Jポップにはない尖った楽曲や面白い楽曲が多くあることを知っており、実際にいつも私たちを楽しませてくれる楽曲がどんどん出てくる界隈であると知っている人が多いからだと思います。
私も地下アイドルにはまったきっかけは、見た目ではなく楽曲、ライブからでした。

そんな私の昨年度の投票結果は、また次回にしたいと思います。
この記事を読んで、興味を持っていただいたり、共感してくださることがいたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました