アイドル楽曲大賞2019に投票しました+オススメグループ紹介

アイドル楽曲大賞画像 アイドル/音楽
スポンサーリンク

アイドル楽曲大賞投票曲&Twitterフォロワー数2,000以下グループオススメ10選紹介

アイドル楽曲大賞とは、1年間に発表されたアイドル楽曲を対象として、ファンのweb投票によって決めるという企画です。レコード会社、事務所とは一切関係のないファン有志主催のイベントで、昨年までですでに7回開催されています。詳しくは、アイドル楽曲大賞公式サイトをご覧ください。
投票できる部門は、以下の4つに分かれています。

  • メジャーアイドル楽曲部門
    日本レコード協会加盟の大手レコード会社所属アイドルのシングルから5曲選ぶ
  • インディーズ/地方アイドル楽曲部門
    上記以外のインディーズレーベル、自主レーベルで発表されたシングルから5曲選ぶ
  • アルバム部門
    メジャー、インディーズすべてのアルバムが対象の3枚選ぶ
  • 推し箱部門
    メジャー、インディーズすべてのアイドルが対象で、推しているソロ/グル―プを1組選ぶ

今回、インディーズに関しては、2500以上のノミネート曲の6割ほど聴くことができ、普段聴いていない曲も聴いた上で投票しました。
自分の中の投票ルールとして、箱推し部門以外での被りを禁止にして選びました。素敵なアイドル楽曲を数多く紹介したいという気持ちがあったからです。

それと、この膨大なノミネート曲から数曲しか選べられないというのは、結構しんどいものです。アレも入れたかった、これも入れたかったという思いは投票者の皆さん全員が持っているのではないでしょうか。私もその一人です。
そこで、今回漏れてしまった曲のうち、まだコアなファンにしか見つけられていないのではないかというグループを中心に紹介したいと思いました。基準としては、Twitterフォロワー数の少ないグループです。一人でも多くの方に知ってもらえる機会になれたら幸いです。
それでは、まず投票した各部門から紹介していきます。

関連記事
メジャーアイドル編はこちら

【アイドル楽曲大賞】Spotifyで聴けるノミネート曲一覧-4【メジャーアイドル編】
‪Spotifyで聴けるアイドル楽曲大賞ノミネート曲紹介【メジャーアイドル】‬ 年末恒例となったアイドル楽曲大賞が、今年も開催されます。 本記事では、Spotifyで聴くことができる「アイドル楽曲大賞ノミネート曲」を紹介しています。 4回目、最後を飾るのは「メジャーアイドル...

インディーズ(東京ソロ)編はこちら

【アイドル楽曲大賞】Spotifyで聴けるノミネート曲一覧【インディーズ東京ソロ編】
‪Spotifyで聴けるアイドル楽曲大賞ノミネート曲紹介【インディーズ東京編】‬ 年末恒例となったアイドル楽曲大賞が、今年も開催されます。 本記事では、音楽ストリーミングサービスSpotifyで聴くことができる「アイドル楽曲大賞ノミネート曲」を紹介しています。 何回かに分け...

インディーズ(東京グループ)編はこちら

【アイドル楽曲大賞】Spotifyで聴けるノミネート曲一覧-3【インディーズ(東京グループ)編】
‪Spotifyで聴けるアイドル楽曲大賞ノミネート曲紹介【インディーズ(東京グループ)編】‬ 年末恒例となったアイドル楽曲大賞が、今年も開催されます。 本記事では、Spotifyで聴くことができる「アイドル楽曲大賞ノミネート曲」を紹介しています。 3回目となる今回は「インデ...

インディーズ(地方)編はこちら

【アイドル楽曲大賞】Spotifyで聴けるノミネート曲一覧-2【インディーズ(地方)編】
‪Spotifyで聴けるアイドル楽曲大賞ノミネート曲紹介【インディーズ(地方)編】‬ 年末恒例となったアイドル楽曲大賞が、今年も開催されます。 本記事では、Spotifyで聴くことができる「アイドル楽曲大賞ノミネート曲」を紹介しています。 2回目となる今回は「インディーズ(...

メジャーアイドル楽曲部門

  1. 闇色の朝/Maison book girl
    Maison book girl / 闇色の朝 / MV

    ブクガはどの曲も良かったのですが、MVの不気味さが癖になる、この憂鬱な曲を選びました。高性能なイヤフォンで聴きたい曲。

  2. ささやかな祝祭/sora tob sakana
    sora tob sakana/ささやかな祝祭(Full)

    ポストロック、難解なリズムで、現代、都市を感じさせる曲が多いイメージなので、ジャズをやっていて驚きました。アニメのED曲にもなってるだけあって、キャッチーで楽しい一曲です。

  3. LAST DANCE/lyrical school
    lyrical school「LAST DANCE」

    ヒップホップやラップを好んで聴いてこなかったので、その文脈での素晴らしさはわからないのですが、聴いてて楽しくなるし体を揺らしたくなるいい曲多いです。今年出した曲全て良かったので、アルバム部門に入れるか迷いました。映画のパロディのつなぎ合わせでできてるMVもいい感じ。

  4. トレンディガール/私立恵比寿中学
    私立恵比寿中学 「トレンディガール」MV

    「星の数え方」と迷いました。イントロの音から気落ちよく、ループしてる弦楽器などバックの音を聴いているだけで楽しい曲。MVも可愛い。

  5. 空気とインク/CYNHN
    CYNHN(スウィーニー)「空気とインク」Music Video

    5番目に入れる曲をなかなか決められなかったのですが、投票締切前日に、ふと見たこの曲のMVにやられて滑り込ませました。アルバムの他の曲も良いし、まさに王道メジャーアイドルの佇まいがあります。

インディーズ/地方アイドル楽曲部門

  1. 唖然呆然/NaNoMoRaL
    NaNoMoRaL – 唖然呆然 (MV)

    このMVが公開され、初めて見た瞬間に、今年一番の曲だと確信しました。必然としてのインディーズ部門1位です。毎回涙腺に来るのですが、それがなんでなのか分かりません。とにかく名曲。地下アイドルの歴史に残る曲となるでしょう。

  2. 茜/tipToe.
    tipToe. – 茜 Music Video

    確か、渋谷のワンマンライブが初披露だったのですが、曲が終わった瞬間周りの客含め、一瞬静かになったような気がします。すげー曲が来たなって感じで。現体制の終わりまであと僅か。3年間の青春を駆け抜け切る事になるのでしょう。

  3. 人のおちる街/終わらないで、夜

    ノミネート3曲とも好きで迷ったのですが、この曲を。3人体制時のライブを何回か見ていますが、デビュー時からめちゃくちゃ歌がうまかったです。echosの音源化して欲しいです。待ってます。
  4. ENIGMA/おとといフライデー
    おとといフライデー「ENIGMA」(Official Music Video)

    Have a Nice Day!の浅見北斗作詞曲編の一曲。昨年は桜エビ〜ずへの提供曲「リンドバーグ」が2位になりました。今年は如何に。この単調なリズムとメロディーに、感情を殺した抑揚のない声を乗せた、ある意味退屈に感じる曲ですが、ハマってしまう。ここに可愛いい振り付けが合わさるとまた良い。ライブで見たい。

  5. しづかの海/・・・・・・・・・
    20181216「しづかの海」LIVE映像@原宿ストロボカフェ

    去年も投票したし、解散してしまったグループなので、入れるかどうか最後まで迷いました。だけど、やっぱ名曲、大好きなこの曲を投票したかった。シューゲミーツアイドルを代表する曲として、ずっと残っていくことでしょう。アウトロで切なさ爆発。

アルバム部門

  1. octave/桜エビ~ず
    キラキラ

    桜エビ〜ず「キラキラ」@ 新宿LOFT -New Album「octave」(8/21 release)-

    スターダストプロモーション所属の正統派アイドルグループ。いろんな意味でインディーズに括れないレベル。ukkaとグループ名を変えましたが、来年にはメジャー間違いないのではないでしょうか。「リンドバーグ」「214」「それは月曜日の9時のように」「灼熱とアイスクリーム」と、普遍性を感じさせる耳馴染みの良い曲連発のこのアルバムを1位に選びました。

  2. ココデパ!/クマリデパート
    シャダーイクン

    クマリデパート / シャダーイクン / MUSIC VIDEO

    サクライケンタプロデュース、完全王道アイドルを目指して結成されたグループ。この曲意外にも「ピアノ」、「アイロニー」などライブでも人気の曲を多く含んだ、コンセプトである『デパート』をイメージした作品となっています。全曲通しでもずっと聴いていられる素晴らしいアルバムを2位に選びました。

  3. 始発待ちアンダーグラウンド/始発待ちアンダーグラウンド
    指先未来予想図

    始発待ちアンダーグラウンド – 指先未来予想図【MV】

    「渋谷で終電を逃した女の子たちが暇つぶしに結成した」をコンセプトにした4人組アイドルグループ。1人脱退し、現在は3人体制。黒色を纏い、クールで、UKロック好きの琴線に触れる楽曲が多いが、どこか昭和歌謡を感じさせるバランスが良い。捨て曲なしのこのアルバムをどうしても投票したく、3位に選びました。

推し箱部門

  • NaNoMoRaL
【LIVE】サーチライト / NaNoMoRaL 2019.11.11 渋谷WWW

‪個人的に推すという感覚が分からないので、曲が良く、ライブも素晴らしく、未見の人にもライブに足を運んで欲しいと思い、NaNoMoRaLを選びました。‬
ライブの感想を見ると、多幸感、笑顔、幸せなどの言葉が並んでいます。確かに明るい曲調も多いのですが、歌詞は、明るく楽観的なことを描いているわけでありません。それなのに‬どうしてそのような感想が多いのか。それは、挫折を味わいながらも、笑顔で前に進んでいる‪NaNoMoRaL‬の二人に惹きつけられ、その姿に勇気をもらい、希望をもたらしてくれるからではないでしょうか。
‪生きていくと、色々と辛いこともありますが、少なくともNaNoMoRaLのライブを見ている間、また体験した後に気持ちが少し軽くなっていることを感じられると思います。是非皆さんもその体験をしていただきたくて、NaNoMoRaLを推し箱部門に選びました。‬

<番外編>Twitterフォロワー数2,000以下のオススメグループ10選

フォロワー数の多い順に、10組紹介していきます。

  1. さっきの女の子、
    フォロワー数:1687
    はまた走り出す

    【MV】さっきの女の子、/ はまた走り出す

    古川すい、乃々宮いぶ、有明ゆの、葉月まおという4人からなる、アシッドジャズを歌い踊るグループ。Twitter等で投票したグループとして彼女らをあげている人が多かった気がします。来年はグッと飛躍するかもしれません。

  2. Leo-Wonder
    フォロワー数:1528
    アルゴリズム

    Leo-Wonder / アルゴリズム(MV)

    元々2人組でしたが、現在はmomoのソロユニット。「空想委員会」のベーシスト岡田典之が楽曲提供を行い、「amiinA」のプロデューサー齊藤州一がディレクターとして参加しています。透明感があり、爽やかな曲は万人受けしやすいでしょう。一人抜けてしまったのは残念ですが、今後どんどん有名になっていくことを願っています。

  3. 会心ノ一撃
    フォロワー数:1468
    1st full ALBAM 『diary』 ティザー

    会心ノ一撃 1st full ALBAM 『diary』 ティザー

    9月に惜しくも休止(第一期終了)してしまった、4人組アイドル・グループ。ジャンルキーワードとしては、ホワイトノイズ、シューゲ、オルタナナティブ。白をコンセプトにMCなし、時に大きなフラッグを振り回し、エモーショナルなライブを見せてくれていました。メンバーだった操神莉乃、待雪アイリは後継グループ「スコール」として活動中。

  4. CANDY GO! GO!
    フォロワー数:1362
    Kiss me more

    【MV】CANDY GO!GO!「Kiss me more」/テレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」8月度エンディングテーマ

    「渋谷系ガールズロックユニット」をコンセプトにとしている7人組グループ。「アイドルの可愛らしさとガールズロックの格好良さをミックスした、【アイドロック】という彼女たちなりの音楽スタイルを形成」とのこと。このような分かりやすくキャッチーな楽曲でタイアップも貰っていて、ビジュアルも良い割りにフォロワー数が少ないのが謎。何か突出したものが必要なのかもしれません。

  5. 雷都少女
    フォロワー数:1083
    Good bye day

    雷都少女「Good bye day」初披露 2019.7.20

    栃木県宇都宮市を活動拠点としている二人組ボーカルダンスユニット。宇都宮は夏季に雷が多発する事で、雷の都と書いて「雷都」と呼ばれており、そこから「雷都少女」と名付けられた。今回Spotifyで聴きまくったからこそ見つけることができた曲。そういった印象深さもあるので最後まで投票する5曲に入れるか悩みました。最終的に入れることはできませんでしたが、今後も応援していきたいです。

  6. EMOE
    フォロワー数:1077
    To Be Free

    EMOE – To Be Free

    ボーカル&ダンス担当のへちとラップ&ダンス担当のさくらからなる2人組アイドルユニット。「エモ」と「萌え」の化学反応を起こすため「EMOE」と名付けられた。公式サイトの紹介に、「エモーショナルな歌とラップや叙情的な歌詞で共感を得る。対してMCはゆるゆるで、そのギャップも魅力の1つ。」とあるが、まさにそんな感じのライブを見せてくれます。ライターの吉田豪や南波一海のお気に入りでもあり、よく紹介されています。

  7. IDOLATER
    フォロワー数:1033
    Still in the beginning

    Still in the beginning

    きゃりーぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカなどさまざまなクリエイターが在籍するアソビシステムが開催したオーディション「ASOBISYSTEM THE AUDITION 2018」において、応募者約4,000名の中から選抜された5人のメンバーで構成される。メンバーの一人八木みなみが、愛知県知多市ご当地アイドル「知多娘。」出身ということで、同じ愛知県民として応援していきたいです。

  8. marble≠marble
    フォロワー数:1017
    BE THERE

    LIVE MV ▼ marble≠marble / BE THERE [official bootleg]

    デザイナーである原色ガールTnakaのソロアイドルプロジェクト。音楽制作の男性二人がサポートメンバーとしライブに立つことも。関西で活動していましたが、今年東京に進出。電気グルーヴが目標と称していることもあり、サウンドは、90年代、J-POP、テクノ、ダンスミュージックが取り入れられ、ライブでは、ステージを飛び出し客に混じって弾ける楽しいライブを行っています。

  9. ピューパ!!
    フォロワー数:808
    FUTURE IS MINE

    ピューパ!! – FUTURE IS MINE 【MV】

    「みんなで育てるサナギ系アイドル」と称し、2018年8月より活動を開始した二人組アイドルユニット。公式によると、「フューチャーベース、ハウスなどのダンスミュージックと、パンク、ポストロックなどを融合した楽曲で、販売する音源は即日ソールドアウトで楽曲派との評価を得ている。」とのこと。ピューパ!!も、先に紹介した雷都少女同様に、今回アイドル楽曲大賞ノミネート曲を聴き流している際に知り、非常に興味を持ちました。ライブに行ってみたいです。

  10. sommeil sommeil
    フォロワー数:463
    愛の旅

    sommeil sommeil「愛の旅」

    夏芽すやり、nemumi、夢乃なこ3人による、フランス語で睡眠を意味する名前を持つユニット。プロデュースは、闇ポップ・シンガー・ソングライターを自称するしずくだうみが担当。ジャンル的には、フレンチポップ、ボサノバですが、レトロなだけではないサウンドを聴かせてくれます。

まとめ

今回は、アイドル楽曲大賞投票曲と、Twitterフォロワー数2,000以下のオススメアイドルグループの紹介をしました。
私がアイドル楽曲を楽しみ、ライブに通い始めてからまだ3年経っていません。コアなファンや毎週ライブに通う方からすると、ただのにわかだと思います。それでも、私は音楽が好きですし、アイドルのファンでもあります。この界隈が盛り上がるのは嬉しいことです。
アイドルファンとしても音楽好きとしても、素晴らしい音楽がたくさん聴かれ、良いアイドルは売れて欲しい。だから、偏見をもたれがちなアイドル楽曲ではありますが、そう思わずに『音楽』として触れてくれる方が多くなれば嬉しく思います。
それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました