【mixhost】ads.txtファイルをWordPressに設置する方法

メモを取っている男性 雑記
スポンサーリンク

こんにちは。トモヒロです!

ある日、グーグルアドセンスのサイトを確認すると、管理画面に以下のようなアラートが表示されていました。

ads.txtファイル設置_1

私のように、アラートが届いて対応が分からず不安な思いをされている方のために、実際の画面を使用して解決方法を解説していきたいと思います。

私はサーバーにmixhostを使っているので、mixhostでの方法になりますが、基本的に他サーバーでも同じようなものだと思います。

以下で、WordPressにads.txtファイルを導入する方法をご紹介します。

ads.txtファイルは何のために必要なのか

ads.txtとは?

Googleアドセンスの広告主に対し、正しいサイト運営者のアカウントIDを知らせるためのもの

オンライン広告の仕組みを悪用した「なりすまし」や「不正行為」で広告主から広告費をだまし取るサイトではないことを証明するために必要なもののようです。

ちなみに、このads.txt の使用は、必須ではなく推奨ですので導入しなくても大丈夫なようです。

ただし広告主を守るための対策で、今後対応が必須になる可能性が高いってことなので、すぐに対応しておいた方が安心です。

ads.txtファイルを作成・設置する

WordPressでブログを運営されている方なら、そこまで難しくない作業です。

30分もかからずにできると思います。

サイト運営者のアカウントIDを取得並びに、ads.txtファイルを入手する

以前は自身でIDを調べ、その情報を入れたテキストファイルを作成する必要がありました。

現在は、グーグルアドセンスから簡単に入手することができるようになりましたので紹介します。
ads.txtファイル設置_2

トップページの「今から設定」をクリックして、上記ページを表示させます。

次に、「ダウンロード」をクリックするだけで、abs.txtファイルを入手できます。

mixhostのサーバーにアクセスする

サーバーにアクセスしたら、cPanelにアクセスして「ファイルマネージャー」を開きます。

ads.txtファイル設置_3

ファイルアップローダーからabs.txtファイルをアップロードする

まず、「public_html」のファイルを展開します。

ads.txtファイル設置_4

するとご自身のサイト情報が開きますので、アップロードをするドメインをします。

次に、「アップロード」をクリックします。

ads.txtファイル設置_5

そして、「ファイルを選択」をクリックして、入手していたabs.txtファイルを選択します。

ads.txtファイル設置_6

設置完了後の確認方法

最後に、ブラウザの検索エンジンのURLに『◯◯.com/ads.txt』と入力します。

たとえば、私でしたら『tomohiro-dailyrec.com/ads.txt』です。

ダウンロードしたads.txtファイルと同じテキストが画面に表示されたら成功です。

最後に確認して数日待つ

作業自体は以上で完了です。

数時間から数日経てば、アラートが消えます。

まとめ

  1. ads.txtファイルをグーグルアドセンスからダウンロードして入手する
  2. mixhostならcPanelにアクセスしファイルマネージャーを使用してファイルをアップロードする
  3. ブラウザで正しくアップされたかを確認する

今回の事象は最近頻発しているらしいです。

私も対処法がわからずググったのですが、グーグルの管理画面の更新が早いため昔の情報ばかりでわかりませんでした。

もしかしたら、数ヶ月でまだ仕様が変わるかもしれませんが、悩んでいた方の一助になれたら幸いです。

それでは また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました