【簡単】Atomエディタのインストールと日本語化の方法と便利なショートカットを紹介【初心者向け】

メモを取っている男性 雑記
スポンサーリンク

こんにちは!トモヒロです。

Atomとは、使い勝手のいいフリーのテキストエディタです。

プログラミングに便利で、エンジニアから絶大な支持を得ている高性能エディタとなっています。

今回、Atomを初めて使う方にインストール方法、日本語化、簡単な使い方、便利なショートカットについてご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

Atom_howto

AtomはWindows、MacOS、Linuxに対応しています。

今回はWindows10にインストールしていきますが、どのOSでも基本的には同じです。

MacOSやLinuxユーザーの方も参考にしてみてください。

便利な機能とショートカットは、どのOSの方でも利用できるように書いています。

Atomの入手方法

Atomのインストーラは公式サイトから入手可能です。

公式サイトはこちら
https://atom.io/

[Download]ボタンをクリックすると自身のPCにダウンロードされます。

3分ほどでインストールが行われ、終了するとAtomが自動的に起動されてきます。

Atom_howto

Atomの日本語化

Atomの画面はデフォルトでは英語での表示になっています。

Atomを日本語化するには、パッケージという拡張機能をインストールする必要があります。

早速Atomを日本語化していきます。

1.画面左上のメニューから[File]>[Settings}>[Install]を選択

Atom_howto
Install Packagesという画面に切り替わります。

2.入力欄に「Japanese-menu」と入力

3.検索結果に表示された「Japanese-menu」パッケージの「Install」ボタンをクリック

Atom_howto

4.インストール終了
インストールが終了すると、メニューバーやメニュー表示が日本語に変わります。

Atom_howto

Atomの不必要な表示を消す

1.Register as default atom://URI handler?
「No, Never」をクリックします。

Atom_howto

2.Welcome Guide
画面左下の「Show Welcome Guide when opening Atom」のチェックボックスを外します。
タブの「Welcome」「Welcome Guide」のバツボタンをクリックすます。

Atom_howto

3.No, do not send my usage data
Telemetry Consentのタブから、「No, do not send my usage data」ボタンをクリックします。

Atom_howto

Atomの画面表示で文字を画面端で折り返す方法

デフォルトだと画面端まで文字を入力していくと、画面端の外側に入力されて行き、スライダーバーが表示されるようになります。これが見にくいと思った方は画面端で折り返す設定にしましょう。

Atom_howto

1.Atomの画面上部メニューから「ファイル」>「設定」を選択

Atom_howto

2.「エディタ設定」>「ソフトラップ」のチェックボックスを付ける

Atom_howto

3.文字が折り返される

Atom_howto

ファイルにAtomとの関連付けをする

txtファイルを開くとメモ帳が開きますが、それを毎回Atomで開くように変更します。

※少しだけPCの知識が必要になります。こちらを読んでわからない方は実施しないでも大丈夫です。

1.任意のtxtファイルを右クリック>「プログラムから」>「別のプログラム」を選択

2.「常にこのアプリを使ってファイルを開く」にチェックを入れて、「その他のアプリ」>「このPCで別のアプリを試す」を選択

3.[C:¥Users¥user_name¥AppData¥Local¥atom¥bin¥atom.cmd](user_nameは自分のユーザー名)を選択

Atomで文字化けした場合の対処法

Atomを使っていると、以前に作成したファイルの日本語が文字化けして表示されてしまうことがあります。

文字にはそれぞれ『文字コード』と呼ばれるコードがあり、これが一致しないとこのように表示されてしまいます。

Atom_howto

1.画面右下の文字コードをクリック

Atom_howto
文字コード一覧が表示される。

2.Windowsの場合は大抵『Shift JIS』なので[Japanese(Shift JIS)]を選択

Atom_howto

3.正しい文字コードが表示
まだ文字化けしている場合は切り替えた文字コードが誤っているので、正しい文字コードを選択します。

Atomの便利な機能、ショートカット

Atomを使う上で便利な機能、ショートカットのをご紹介します

基本のショートカット

コピー
Ctrl + c (Windows)
Cmd + c (MacOS)

貼り付け
Ctrl + v (Windows)
Cmd + v (MacOS)

戻る
Ctrl + z (Windows)
Cmd + z (MacOS)

戻るの取り消し
Ctrl + y (Windows)
Cmd + y (MacOS)

文字列検索/置換
Ctrl + f (Windows)
Cmd + f (MacOS)

行の複製

選択した行を真下にコピーできます。
Ctrl + Shift + D (Windows)
Cmd + Shift + D (MacOS)

行の移動

選択した行を上/下に移動できます。
矢印ボタンを押した分、上/下に移動させることができます。
Ctrl + ↑または↓ (Windows)
Cmd + Ctrl + ↑または↓ (MacOS)

行の削除

1行丸ごと削除します。
Ctrl + Shift + K (Windows)
Shift + Ctrl + k (MacOS)

1回で複数の場所に同じ文字を入力する

文書内の任意の場所に、1回で同じ文字を入力できます。
Ctrl + 左クリック (Windows)
Cmd + 左クリック (MacOS)

入力したい任意の場所をクリックしすると複数のカーソルがその場所に入ります。
その状態で文字を入力すると、すべての場所に同じ文字が入力されます。

Atom_howto
Atom_howto

アクティブなタブを閉じる

現在のタブを閉じる。
Ctrl + w (Windows)
Cmd + w (MacOS)

閉じたタブを復活させる

閉じたタブを戻します。
Ctrl + Shift + t (Windows)
Cmd + Shift + t (MacOS)

コメントのオン・オフ切り替え

選択した行全てをコメントアウト、コメントオンを切り替えます
Ctrl + / (Windows/Linux)
Cmd + / (Mac)

指定した行へジャンプ

Ctrl + g 数字 (Windows/Linux)
Cmd + g 数字 (Mac)

まとめ

今回はAtomエディタのインストール方法、日本語化、ショートカットなどについてお伝えしました。

使い始めの方向けに書きましたので、物足りないない内容かもしれません。

それでも、一人でも多くの方が、悩んでいた問題を解決できていれば嬉しいです。

私もまだ使いこなしていませんので、今後使っていくうちに便利な使い方を覚えましたら追記していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました