GitHubとは-前編 概要と導入方法をご紹介【初心者向け】

メモを取っている男性 雑記
スポンサーリンク

Gitとは?GitHubとは?

テックアカデミーの「webデザインコース」で学びはじめたwebプログラミン初心者です。
今回はGithubについて学習しましたのでアウトプットを目的に記事を書きました。前編の今回は、GitとGitHubの違いや、概要、導入方法までをご紹介していきます。

まずGitGitHubの違いについて。
結論から言うと、Gitはシステム、GitHubはGitを用いたサービスとなります。
Gitは、プログラムなどを記述したソースファイルを管理する分散型バージョン管理システムの名称です。
GitHubは、このGitの仕組みを利用して、世界中の人たちがプログラムやデザインなどを保存、公開することができるウェブサービスです。詳細は後述します。

Gitが生まれた背景

まず、Gitが生まれた背景から。
何かを作成する際は、ファイルを何度も更新します。更新していくなかで、必ず管理したいのがファイルの変更履歴です。一般的にはファイル名に日付などを記載し、バージョン管理されている方も多いと思います。数が増えていくと、現行バージョンのファイルを探すのに手間がかかります。
また、チームで作業をする場合、誰がどのファイルを変更したのかファイル内にコメントを残して管理しますが、コメントが増えてコードが読みにくくなることもあるでしょう。そして、一つのファイルを二人で同時に編集してしまい、先に編集した人の変更内容が消えてしまうこともあります。
このような問題を解決するために作られたのが、Gitという仕組みです。
GitはLinuxを開発するなかで、バージョン管理ツールが必要となり制作されたものです。今ではLinuxプロジェクトのみに限らず、多くの開発現場でGitが使われています。

Gitの特徴

ソースコード、デザインなどのファイルの変更履歴を記録するためのバージョン管理システムです。

  • ファイルの変更履歴を管理
    「いつ、誰が、どこを、どのように」という変更履歴を管理できるため、ファイル名を変更して保存する必要がなくなります。ファイルを変更するごとに、バックアップファイルを作成する必要がないため、ファイル数が増えないこともメリットです。
  • 過去のファイルに戻す
    変更履歴をそれぞれ管理しており、変更する前の任意の時点のファイルにいつでも戻れるので、安心してファイルを変更できます。
  • 各種ファイルを管理
    プログラムのソースコードだけではなく、Excelファイルや、画像など、あらゆるファイルを管理できます。
  • チームで共有
    同じチーム内メンバーとファイルの変更履歴などが共有でき、複数人でファイルを変更したり、共同開発を行うことができます。

GitHubの特徴

現在最もポピュラーなGitホスティングサービスです。Gitの仕組みを利用して、世界中の人々が自分の作品(プログラムコードやデザインデータなど)を保存、公開することができます。また、プロジェクトのバージョン管理をチーム内で共有、バックアップ、公開することもできます。

  • 無料で使える
    GitHubに作成されたリポジトリ(ソースファイルが格納されたディレクトリなどの保存庫)は、すべて公開されますが、有料サービスを利用すると、指定したユーザーからしかアクセスができないプライベートなレポジトリを作ることも可能です。
  • GUIで管理
    Gitは基本的にコマンドラインツール(CUI)ですが、GitHubはWEB上でグラフィカルに扱う(GUI)ことができます。
  • ツールやサービスが豊富
    各プロジェクトにwikiやタスク管理ツールなど、コラボレーションのための機能も充実しています。また、GitHub Pagesという自分のポートフォリオなどを公開できるサービスもあります。

GitHubの導入方法

GitHubを使うためには、ローカル環境でのGitの構築と、リモートでのGitHubアカウントの用意が必要となります。まず、GitHubのアカウントを作成します。

GitHubのアカウント登録

下記リンクのGitHubのトップページにアクセスし、ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力して、「Sign up for GitHub」をクリックします。
GitHubアカウント作成

次の画面でGitHubのプランを選択します。Freeのプランを選択し、「Continue」ボタンを押下して登録します。
会員登録後、登録したメールアドレスにURL付きの認証メールが届きます。「Verify email address」をクリックして、メールアドレスの認証を実施します。
以上でアカウント登録完了となります。

リモートリポジトリを作成する

ログイン後、右側の「+ボタン」から「New repository」をクリックします。
GitHubリポジトリ作成

以下画像を参考に、「任意のリポジトリ名」、Publicを選択後、「Create repository」をクリックします。
GitHubリポジトリ作成

登録が完了すると、以下のように表示されます。
GitHubリポジトリ作成

表示されているURLは、pushコマンド(後編で説明)で送信するときに使用するためメモを取っておきます。続いて、Gitをローカル環境で使えるように準備します。

Gitのインストール、ローカル環境構築

  • Windowsの場合
    公式ページからGit for Windowsをダウンロードし、インストールします。以降はこちらで紹介しません。ググるかこちらを参考になさってください。
  • Macの場合
    Mac OSには標準でGitがインストールされています。最新バージョンのGitを利用する場合は、前述の公式サイトから別途インストールします。
    Gitコマンドが実行できるか確認します。
$ git --version
      xcrun: error: invalid active developer path (/Library/Developer/CommandLineTools), missing xcrun at: /Library/Developer/CommandLineTools/usr/bin/xcrun

このように、コマンドラインディベロッパーツールがないというエラーが出ました。この場合は、「xcode-select」をインストールすると解決できます。

$ xcode-select --install
      xcode-select: note: install requested for command line developer tools

この後以下のようなウィンドウが出ますので、同意してインストールを実施します。
コマンドラインディベロッパーツールインストール

$ git --version
  git version 2.21.0 (Apple Git-122)

これでgitが使えるようになりました。

まとめ

以上でGitHubを使う環境が整いました。
この後の使い方の解説には、前提知識が必要となります。用語解説等説明が長くなりますので、今回はここまでにして、後編で紹介していきます。
次回後編:GitHubとは-後編 用語解説と使い方をご紹介【初心者向け】

今回、私自身もGitに初めて触れ、いろいろなサイトを参考にしながら学習をし、アウトプットのために作成しました。間違っているところ、わかりづらいところ多々あるかと存じますが、生暖かく見守っていただければなと思います。
私と同じように、学習を始めたばかりの方の助けに少しでもなれていたら幸甚です。
※参考サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました