【 書籍 】人を操る禁断の文章術【 感想 】 文章とは、読み手を思いのままに行動させるために書くものだ

本の写真 雑記
スポンサーリンク

私がこの本を読んだ理由は、ブログを始めるにあたり、文章力をつけたいと思ったからです。
文章を書くのが苦手で、今もこの記事を書くことに四苦八苦しています。
少しでも、その苦手意識がなくなる方法はないかと探し、書評やブログでおすすめされていた本書を手に取りました。

読んでみると、非常に参考になることが多く、また大変読みやすかったです。
私と同じように、文章力をつけたい、人の心を掴む文章を書きたいと思っている方に向けて、
そして、自分の理解を深めるために、要約と感想を書きたいと思いました。

また、文章だけでなく、生活する上で話し相手に対して好印象を持ってもらうなど、
応用として使えるのではないかとも思いました。

それでは、早速紹介してまいります。

著者紹介

人の心を読み、操る技術「メンタリズム」を駆使する日本唯一のメンタリスト、DaiGoさんが書かれています。
テレビやYouTubeなどで知っている方も多いのではないでしょうか。
今や、企業の研修やコンサルなども手がけ、幅広く活躍されています。
そのDaiGoさんが、初めて言葉と文章の絶対法則を明らかにした本でもあります。

本の写真

本の紹介

前書き

本書は、相手(読み手)を自分の思うままに行動させたい人のための本です。
人を操る文章の仕組みは、読む→言葉に反応する→想像する→行動を起こす、である。
文章はただ書くのではなく、読んだ相手の心を動かし、想像力を使ってもらうために書く。

1章:文章が持つ力は無限大

嫌だと思っている自分の特徴を文書化し、それの逆にする。
例 成績が悪い→成績が良い、メガネ→コンタクトなど
紙に書き出したことにより、客観化し、目標をやイメージを具体化する事で、行動を起こしたことにより成功した。
文章が目的化されることでより明確になり、達成しやすくなることは、心理学でも証明されている。

2章:書かない3原則で人を操る

1.あれこれ書かない

短い文章で読み手の想像力を利用して、行動を導く。
ポイントは、自分が何を伝えたいかではなく、読み手にどんな行動をして欲しいか
それをしたい、と思わせること。

まず大切なことは、書き手が読み手にどう行動して欲しいか明確にしておかなかればならない。
また、読み手をしっかりイメージする。
読み手にとって読みやすくわかりやすい文章を作るには、事前のリサーチが必要。
読み手の年齢や性別、何に興味があるのかなどを調べ、その読み手に手頃な情報を理解してもらうように書く。

全てを説明せずに、読み手が都合のいいように想像できる、ある程度の隙や余白を残す文章が良い。
人は、受け取った情報が足りない時は、想像や予測で判断する習性がある。
伝えたいことは、一つに簡潔に絞る

2.キレイに書かない

小綺麗でお利口な文章は、読み手に響かない。
これに気を使うばかりに、自分の感情を抑えてしまう。
こちらが感情を抑えてしまうと、読み手にも影響し、読み手の心から湧き上がってくるはずの感情を押さえつけてしまう。
人を動かすのは、論理ではなく、感情
人は、論理で納得しても行動には移らない。
感情によって行動した後に、その行動を正当化している。
読み手の感情と想像力を刺激するよう、こちらの感情を込めた文章を書く。

3.自分で書かない

文章は自分で考えない、自分の頭の中に答えはない。
書くべきことは、読み手の心の中にある
つまり、読み手の行動や態度、言葉などから心理を読み解き、その読み手が読みたい内容や言葉を選び、文章を書く。

3章:人を動かす7つの引き金で、何を書けばいいかもう悩まない

感情を揺さぶり、人を行動に駆り立てる7つのトリガー

1.興味

読み手の趣味、好きなこと、関心ごとを知り、そこを起点に文章を作る。
興味に触れれば、勝手に行動してくれる。

2.本音と建前

本音=理想(こうありたい)と建前=現実(こうあるべき)の狭間で揺れる感情をくすぐる。
建前を取り払ってあげる、相手の抱えている問題を認め、その苦悩に共感する。
そして、心の中に秘めている本音を見抜き、認めてあげれば、その人は認めてくれた相手を信頼してくれる。

3.悩み

人の悩みは以下四つに絞ることができる。
健康・美容
夢・将来・キャリア
人間関係・結婚・恋人
お金
この悩みに、年齢を組み合わせると悩みは大別できる。
悩みを見抜き、解決策を提示し、行動を導く。

4.ソン・トク

得したい、より損したくないという思いの方が強い
損しないよと安心させれば、行動させやすくなる。
正直にデメリットを書くことで信頼が得られる。
そして、デメリットを先に提示した後で、それを上回るメリットを伝える。

5.みんな一緒

人は、大多数の人がしてることを正しいと考える。
みんなと一緒のみんなとは、読み手が帰属したいと思っている組織やカテゴリー。
また、憧れの人がしていることと同じであると訴求するもの効く。

6.認められたい

人は皆、承認欲求を満たしたいと思っている。
承認欲求とはつまり、人から認められたいという気持ちである。
プライドや認められたいという気持ちをくすぐれば、喜んで動いてくれる。

7.あなただけの

自分だけ特別扱いされたがっている。
限定されると欲しくなる。
持っていたものがなくなると、取り戻したくなる。

成功矢印イラスト

4章:あとは、5つのテクニックに従って書くだけ

相手の心を揺さぶる5つのテクニック

1.書き出しはポジティブに

明るい調子で書き始めると、それだけで読み手の心を掴み、その先を読みたいと思わせることができる。
定型通りの言い回しを、ちょっとだけ明るいニュアンスにするだけで良い。
感情や共通の話題をポジティブに詳しく書く。

2.何度も繰り返す

同じ意味と感情を、文章の中で言葉を変えて繰り返す
ただし、同じ言葉は使わずに、表現や言葉を変えて何回も繰り返すこと。
感情を伝えるには、どう楽しかったか、何が嬉しかったのか、こちらの感情を露わにすると読み手の心が動く。
5W1Hに当てはめると良い。
who 誰が、もしくは誰の行動が、嬉しかったのか。
what 何が、嬉しかったのか。
when いつ、嬉しかったのか。
where どこが、嬉しかったのか。
why なぜ、嬉しかったのか。
how どのように、嬉しかったのか。

3.話しかけるように書く

文章は、会話をするように一人二役で書き、それをまとめる。
そうすれば、心を動かす文章が書ける。
ポイントは、自分がこう言ったら、相手はこう反応するだろうなと想像すること。
つまり、読み手の疑問や反応を取り込んでいくことになる。
方法としては、実際に書き手読み手一人二役になる会話を作る。
これをベースに文章化する。

4.上げて、下げて、また上げる

ポジティブに書き出した後、一度谷間を作る。
ネガティブな情報や読み手が不安になるような言葉を使い、文章を一転させる。
その後、再度そのネガティブな情報をひっくり返す内容、解決策を提示し、ポジティブな調子で書き終える。
ポジティブな話で読み手の感情を上げる→不安になる告白で下げる→最後に素晴らしい解決策を提示し、また上げる。

5.追伸をつける

人は、達成した課題よりも、達成されなかったことや中断されたことをよく憶えている。
また、一区切りつくと、忘れてしまいやすい。
区切りのついていないもの、終わっていない話は必ず脳のどこかで考え続けられる。
追伸の書き方のポイント
まず、追伸前の部分で一度、きちんと話を終了させておく。
そして、追伸の短文の中にクライマックス、こちらの願望や行動させたいことを書く

まとめ、感想

今回は、メンタリストDaiGoさんの「人を操る文章術」という本についてご紹介しました。

読んでいて、「なるほど!」「確かに!」と思うことが多く、今まで真逆なことをしてきたなと反省しっぱなしでした。
具体例も多く書かれているため、そちらが気になる方は、是非本書を読んでみてください。

どんなことでもそうですが、読んで、なるほどと思っているだけでは何も生まれません。
結局は、そのことを実践できるかどうかです。
私の記事を読んでわかると思いますが、まだ実践できていません。
今回、要約し、皆様に紹介したことを機に、文章を書く際は、常に念頭に置き実践していこうと思いました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

本書を読んで、メンタリストDaiGoさんの別の本も気になりましたので、今後読んでいきたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました